スレ立てるまでもないが沢山言いたいこと op10
http://ikura.open2ch.net/test/read.cgi/ms/1484802896/


876: 名無しさん@おーぷん 2017/04/12(水)08:36:48 ID:aZa
別スレだと思うけど、親が普通だと思ってる子供の食べる量と、実際に子供が食べられる量が違っていて大変そうな投稿を見た。
親が少食過ぎで、全然ご飯作らないから子供が慢性的に飢えてるやつ。
あれ見て思い出した。うちは逆だった。

>親は普通の量の人なんだけど、私は極端に少食だった。体も小さくて、常に背の順で二番目の子と15センチ位違っていたから相当小さかったと思う。
だからすぐ満腹になってしまい、胃はパンパン、喉の奥までご飯がつまっている感覚になり食べられなくなってしまう。これ以上食べたら吐いてしまう状態。

それなのに親は「そんなに食べてないじゃないか、食べろ」「食べないから小さいんだ、早く食べろ」「いっぱい食べないから胃が小さいんだ、とにかく食べろ」とまくし立てる。
でも吐いてしまいそうだから、ゆっくりとしか食べられない。
そうすると「ゆっくり食べているから余計お腹いっぱいになるんだ、早く食べろ」
だから私の前にはいつまでもご飯が置かれている。
食べ終わるまで解放されないから。
幼少時の思い出は「早く食べろ」と言われた記憶が一番強い。

給食も、最近は「食べきれる量だけ盛る」となってるみたいだけど、当時は一律だったから当然食べきれなくて昼休みや掃除の時間までずっと食べさせられた。
だから、家でも学校でも「食事」という時間が物凄く苦痛だった。美味しいのは最初の三口くらいで、後はずっと苦しいの。

それが、高校生になったら急に普通の量食べられるようになった。
特に身長が急に伸びたとかではないんだけど。
普通に食べられるようになって本当に嬉しかった。
私の身長は最終的に中学生で止まってしまい、現在145センチ。小さいけど、小学生の頃程極端に小さいわけじゃないからまぁいいやと思っている。

未だに親は「お前は食べなかったから小さいままだったんだ。食べたら大きくなったのに」と言う。
その通りなんだけど、言われるとムカつく。
妹が普通の量食べてて、身長が165センチあるから特にそう思うらしいんだけど。
でも当時吐くまで食べてたら、自分が165センチになれてたんだろうか。
多分、145センチが私の限界で、だから成長期にあんだけしか食べられなかったんだと思う。

何にせよ、親が子供の食べられる量をしっかり把握出来てないのはダメだよ。
自分の常識を当てはめて食べる量をコントロールするのも。
「食事の時間が苦痛」なんて思わせてはならない。
飢えるのも、吐くまで食べさせようとするのも。

877: 名無しさん@おーぷん 2017/04/12(水)08:48:33 ID:EHl
>>876
食べられないのを強要されるの辛いよね
私も(縦には育ったけど)きらいなものが大嫌いになるだけだったわ
大人になると好き嫌いはなく食べられるようになったけど
でも未だに太るのが難しい、放っておくとどんどん痩せるけど病気がちだから体力なくて困る
って我ながらイミフだわ、顔なんかしわしわ婆だし

879: 名無しさん@おーぷん 2017/04/12(水)09:11:01 ID:2g5
>>876
私の母もフィーダーという分類になる問題親。
親の都合で夕食の時間が遅いのだれど、
学校から帰って空腹を訴えると焼きそばなんかを食べさせられた。
その後本来の夕食があってまた食べさせられ、
ごはんのお代わりを強要されて食後のデザートも強要された。
毎日胃痛の子供だった。
胃腸が弱くなかったら、今頃0.2tくらいに育っていたはず。

母が年老いて数年前から同居してるけど、いまだに食事の主導権を握りたがる。
精神的にお腹いっぱいなんだが角が立たない程度にたまにごちそうになっていたら、
食あたり起こして限界超えた(衛生的にも昔から問題あり)
今は言葉できちんと伝えた上で一切遠慮しているのに
ほとぼりが冷めた(と思っているらしい)頃にまた勧めてくるので爆発しそうになる。

902: 876 2017/04/13(木)17:53:42 ID:DDM
ID変わってると思うけど、876です。
共感してくださって本当に有難う。
今更だけどお礼言いたかったので。
本当に有難う。今は楽しく食事出来てるけど、当時は本当につらかった。

>>877
877さんも「食べろ食べろ」の親だったんですね。
お菓子の食べ過ぎとか、異常な偏食でなければ本当に子供には適正量(多いも少ないも)の食事を与えてあげて欲しい。

私は偏食はなくて、ただひたすら食べる量だけが少なかったんだ。
妹は、食べる量は普通でめちゃくちゃ偏食。
豚肉嫌い、にんじん嫌い、魚嫌い…等(数えきれない)
でも量は普通。親は妹の偏食については何も言わなかった。
例えば豚肉の炒めものを食べなかったら別のものを多く食べてそれでオッケーみたいな。
だから、親は食べる量だけが本当に気になったんだと思う。
大きくなれなかったかもしれないけど、食事のほとんどを「苦しい」「気持ち悪い」「吐きそう」と思いながら終えるより、「美味しい」と思えると思う量だけ食べたかった。

>>879
お母様がフィーダーなのですね。
昔、テレビでフィーダーを知った時驚愕しました。
太っていく様子が嬉しいのかな、あれは。
自分自身の母親がフィーダーなのは辛いね。

うちの親は多分フィーダーじゃなくて、「普通量が食べられない、体も小さい娘」がひたすら心配だったのかなと今は思う。
とにかく大きくするために食べさせなくては!みたいな。
親自身もあまり大きい方じゃなかったから余計そう思ったのかもしれない。
(ちなみに父親169センチ、母親151センチ)
妹が、どちらかと言うとずっと平均より高かったからいつも私の方が妹と間違われてた。
それを「やっぱりお姉ちゃんなんだからいっぱい食べて大きくならないと」と言われたり。

今、私には息子がいて小学校四年なんだけど小柄な方で130センチだったかな。
私、中1の時この身長だった(キリが良くて覚えてた)
それに凄くびっくりしてしまった。
私、中学生でこんなに小さかったんだ!って。
だから、「もう食べられない。吐いてしまう」と訴えてるのに「だから大きくなれないんだ!食べろ」と強要されるのは嫌な思い出なんだけど、そう言いたくなった親の気持ちも少し分かるような…。
でも絶対にやりませんけどね、同じ事は。

879さんのお母様は、大人になった今でも無理矢理食べさせようとするのですね。
うちの親のように、成長期だから「とにかく大きく!」みたいな感じではないし、どうしてそこまで食べさせたいんでしょうね?
うちの親は、今は何も言ってきません。
もう背が伸びる事はありませんもんね。
だから本当に快適になりました。
あの時よりご飯も、いっぱい食べられるし。
879さんが、ちょうどよい快適な食事を送れる事を願います。


【関連記事】夫と娘が食欲旺盛すぎる。2人の食べる量見てるだけで気持ち悪い
【小食1】  【小食2】
【小食3】  【小食4】
【小食5】  【小食6】



《注目の最新記事》