スレを立てるまでに至らない愚痴・悩み・相談part114
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1559601184/


321: 名無しさん@おーぷん 19/06/14(金)14:26:59 ID:1vQ.zh.au
とある男性社員が自転車でながらスマホをしていて、段差で踏み外してかなりの大怪我をした
即入院して手術、その後もしばらく動けなくて休職が確定した

男性社員が休職中に会社のお引越しがあって、車椅子で会社に置いてあった私物を取りに来た日があったんだけど
上司や先輩方は「早く怪我治してさっさと帰ってこい!」「戻ってきたらやること沢山あるんだからな!」
と、元気づけて発破かけるようなことを言って荷物の選別と運び出しを手伝っていた
私も手伝ったけど、当人からお礼や迷惑かけた謝罪もなく、当人は隅でゆっくり入れてもらったコーヒーを飲んでた
車椅子だとデスクの下には手が届かないし、選別して必要な荷物はダンボールに入れて8階から1階に降ろさなきゃならないし、
車椅子なら何もできないのは仕方ないけど、口だけだして優雅にコーヒータイムをしてる姿に正直ムカっときた
その男性社員が復帰したら、周りから「休んでた分バリバリ働けよ!」とやはり発破をかけられて、暖かく迎え入れられ
復帰早々周りに任せてたいろんな仕事の引き継ぎで忙しそうだった

それからしばらく、20代の女性社員が残業のあと帰宅中、家を抜け出した障害のある男性に襲われた
幸い目撃者がすぐに通報し、殴られて鼻の骨を折られる以外大きな外傷はなかったものの、心にかなり大きな傷を負った
会社側は「怪我治って落ち着くまで休んでていいよ」と言い、見舞金?なんか労災以外でお金も出たらしい
女性社員は殴られたアザがすっかり消えるくらいは休んでいたけど、本人の希望で予定よりかなり早く復帰
戻ってきてからも会社は表面上「無理しなくていいからね」と言い、残業は免除され、早い時間の帰宅を許されてた
だけどやはりいつまでこの状況が続くのか解らない周りはピリピリしだし、
女性社員は早く最前線に戻りたいからと車通勤の希望を出し、会社から特別に許可がおりたため
その日からは車通勤になり、同時に前のように残業もしてバリバリ働くようになった

私は男性社員が休んだときも、女性社員が休んだときも、代わりに仕事を引きついで
残業三昧で必死に穴埋めしてたうちの一人
んで私的には男性社員には「自転車でながらスマホしてんじゃねーよボケナス」という気持ちはあるが
女性社員には「同じ女性として心中お察しする」という気持ちのみで、迷惑とは思わない

しかし同じように穴埋めに奔走した男性二人は意見が真逆だった
「二人共仕事に穴あけてんのは同じなのに、男は労られず復帰直後にバリバリ働かされて労災も出ないのに
女だけ残業免除のうえオーカワイソヨシヨシって労られて金までもらえるのはおかしい」
「女性ってだけで優遇されてマジ人生イージーモードだよな、女尊男卑な世の中だしどこが男女平等だよ」
と女性社員に恨みつらみを募らせていた
性別が違うだけで見え方がこうも違うのかと関心させられると同時に、
自分の姉妹や彼女、将来的には娘ができれば娘が同じ目にあっても同じこといえるんだろうかと疑問にも思う
私はお金貰えて会社に同情されても、男の性欲のはけ口に暴力振るわれるなんて絶対に嫌だ

323: 名無しさん@おーぷん 19/06/14(金)14:40:55 ID:Kuh.bh.rf
>>321
自損事故と犯罪被害者で扱いが違うのは当然なのに
それが男と女の違いのせいだ!なんて酷い勘違い

327: 名無しさん@おーぷん 19/06/14(金)15:55:16 ID:1vQ.zh.au
>>323
女性社員の方は抵抗したときに殴られて負ったケガだけで済んだんだけど、
文句言う二人からすると「その程度で」ここまで優遇するのはおかしい
暴漢に襲われる可能性は男性にも同じ確率で発生するのに、男だったら絶対にこうはならない
危ない夜道を自衛もせずに歩いてるほうも悪いのにそれを指摘すると言ったほうが悪者扱い
って鼻息荒く語ってた
男が襲われないのは体を鍛えて自衛してるからだし、中年太りは自衛してないから親父狩りにあうんだとか
変な持論まで展開してて、周りは優しく聞こえないふりをしてたよ

この二人みたいに世間とズレてても、皆優しくスルーしてあげるからどんどん歪んでいくんだろうなぁ

329: 名無しさん@おーぷん 19/06/14(金)16:09:10 ID:AxK.p2.wa
>>327
それ生暖かくスルーするよりコンプライアンス的な問題を扱ってる部署に持ち込んで問題にした方が良くない?
業種にもよるけど、社外でそんな論法宣ってるのを聞かれたら会社のイメージに悪影響が出てもおかしくないだろうし


《注目の最新記事》