その神経がわからん!その47
https://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1543538110/


342: 名無しさん@おーぷん 18/12/20(木)18:11:06 ID:5cu
夫とは11年別居してる。
夫49 公務員 不倫相手とアパートに住んでる
私46 資格職 次男(来春卒業予定の大学生)と住んでる 長男は独立済み

元々、下の子の就職に不利にならないよう、就職したら離婚すると話は決まってた。
無事内定が出たので、夫にそれを知らせ、離婚話を進めようとしたら、なぜか夫がゴネはじめてスレタイ。
財産分与はとっくに終わっていて、生活費も住居も完全に別で、第一向こうは女と住んでる。
あとは離婚届を出すだけなのに「本当に離婚すると思わなかった」って驚いてる夫にこっちが驚きだよ。
「男ができたのか」「俺が嫌いになったのか」と言われて宇宙人かしらと思った。
「いやあんた女と住んでるじゃん、その人と再婚しなよ」と言ったら
「彼女は恋愛対象であって、妻にしたいタイプじゃない。恋愛と結婚は別」と答えが返ってきて笑った。
弁護士の先生に訊いたら、別居期間が長いし、実質的に婚姻関係が破綻しているから楽に離婚できるらしい。
とりあえずそれを伝えて、
「彼女は恋愛対象であって、妻にしたいタイプじゃない。恋愛と結婚は別」のメールを保存しといた。
夫の愛人に送りつけたい気もするが、仲たがいされたら離婚しにくくなりそうなので我慢してる。
夫の脳内では、女への「恋愛熱(←こう書いてた)」が冷めたら、私とよりを戻し、私に義両親の介護をしてもらい
定年後は私と旅行なんかしてねぎらって、看取ってもらうつもりだったようだ。
不倫してから変な人になったけど、ここまで変だったとは。
ていうか11年以上恋愛熱が冷めてないんだから、そのまま続行してくれよ

343: 名無しさん@おーぷん 18/12/20(木)18:32:31 ID:FQw
どんだけ報告者の事舐め腐ってるんだこのアホ旦那…
弁護士が入ってるなら「これ以上ゴネるようなら
訴訟も含めて徹底的にやって慰謝料搾り取るぞ」を
オブラートに包んだ上で言ってもらっても良いんじゃない?

344: 名無しさん@おーぷん 18/12/20(木)19:02:13 ID:9Pc
>>342
恋愛熱(笑)関係なく無料介護要員として勝手にカウントしてただけじゃない?
図々しくて嫌な男だね

357: 名無しさん@おーぷん 18/12/21(金)02:32:22 ID:pOn
>>342
完璧に縁を切って、どうか逃げ切って下さい。うちの母親も離婚に関してとことん苦しみ人生も変わってしまいました。どうかご無事に縁を切れますように

◇   ◇   ◇

その後いかがですか?6
https://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1532600452/


883: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)17:30:02 ID:IOP
https://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1543538110/342
その後です。

今年の三月に正式に離婚し、次男が会社の寮に引っ越したのを機に私もマンションを引き払い
実家近くの小ぢんまりした借家に引っ越しました。
いい機会なのでガラケーをスマホに替えて番号もメアドも一新。
在宅メインの仕事に切り替えて気ままな一人暮らしを楽しんでいます。
元夫は愛人に「離婚したのになぜ私と結婚してくれないんだ!」とせっつかれているそうで(そりゃそうだ)
なぜか離婚の時私がお願いした弁護士の先生に「同居の愛人と結婚したくない場合、どういう法律が有効ですか?」と聞きに来たらしい。
先生が「とりあえず別居したらどうか」とアドバイスしたところ、帰っていったそうです。どういう答えを期待してたんだか。
ついでに私に「お盆どうする?」という伝言を残していったそうな。
いや別に、普通に息子たちと実家の方のお墓参りをしますよ。
というか元夫自身、自分の実家の墓参なんて10年以上してないらしいのに今更何なの

884: 名無しさん@おーぷん 19/08/10(土)06:27:06 ID:mEC
>>883
離婚おめでとうございます( ´ ▽ ` )ノ

旦那さんは「妻をママンと信じ込む、準たおぱんぱ病」に罹患しているようです

・異性との人間関係におけるモラルの低下
・自分に都合が悪い内容の日本語が通じない
・ママンだと思った人は法的に縁が切れても死ぬまでママン
・ボクタンはママンと恋人両方揃ってないと息ができなくてしんじゃう…という妄想

ほぼ不治の病なので接見禁止等の法的措置で接触できなくするしかないッス
ストレスの元を断って爽やかな毎日を過ごしてね!


《注目の最新記事》