何を書いても構いませんので@生活板92
https://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1595165768/


854: 名無しさん@おーぷん 20/08/03(月)23:45:58 ID:fM.y1.L1
昔は学校給食の主食はパンしか出ていなかったらしい。
(親戚も、昔はパンばかりだったと言っていた気がする。)

子どもの食糧事情がアメリカの小麦のおかげで改善したが、これはアメリカによる食糧戦略でもあったという(間違っていたらごめん)。
今は逆にパンの方が激減しているという。ニュースでも報じられていたが。
食育が教育現場で普及したかららしい。
農林水産省の解説によると食育基本法第二十四条に食文化の継承政策がうたわれているという。
s://www.maff.go.jp/j/keikaku/syokubunka/syokuiku/

しかし面白くないのは学校給食パンを作っていた業者。業者の倒産が加速しているので給食でパン食を増やしてくれってことらしい。
そんな訴えをせずとも、そもそも世間ではパン食への支出が米より伸びているので個人向けの商売を初めて生き残る道は模索出来ないのかって気もするが。

今後はどのように給食が変化するのだろうか。

855: 名無しさん@おーぷん 20/08/04(火)00:24:09 ID:lv.sk.L1
>>854
昔はパンばかりだったんだね、知らなかった。
給食のパンってパサパサしてて牛乳や汁物で流し込む感じで食べてたし美味しくなかった記憶。
同級生の親が栄養士かなんかで給食作ってたけど、給食作りは料理とは全然違う、戦争だ!って言ってたのがとても印象に残ってるんだよね。
パンも美味しさとかは二の次でも大量生産すれば年単位で売り上げは安泰だろうから学校給食って美味しい卸し先なんじゃないだろうか。
偏見だし言葉は悪いけど、大量生産で大味なパンばかり作ってきた会社が今更個人向けに美味しいパンを一個単位でなんてできないんじゃない?

856: 名無しさん@おーぷん 20/08/04(火)00:29:10 ID:Lm.ir.L2
>>854
私は昭和50年生まれ。
小学校の給食は、ご飯の時は米飯給食と呼ばれていて週に2回程だった。後はパン。
麺もあったけど2週に1回くらい。
わざわざ「米飯」とつけるのと、その頻度からまだ特別感あったんだろうな。
ちなまに、わかめご飯とぶどうパンが嫌いだった

857: 名無しさん@おーぷん 20/08/04(火)00:33:03 ID:wA.kz.L14
敗戦した日本にアメリカ産小麦を消費させるため、学校給食ではごはん(米)ではなく、パンがメインだったんですよ。

870: 名無しさん@おーぷん 20/08/04(火)11:05:44 ID:Or.hi.L1
小学校の給食場で非正規職員として働いてるけど、今はパンと米飯は半々くらいかな
「給食作りは戦争だ」はその通り
8時半に野菜洗いから始めて栄養士の無理なレシピで12時に間に合わないこともあっててんてこ舞いよ
今年度からエアコンも入ったし梅雨が長くて涼しかったから夏休み入りが遅くてもなんとか大丈夫だったけど、
早くなった夏休み明け、どうなることやら、、、
感染症予防で午後の洗い物(お湯)もマスク必須になってしまって暑いったらありゃしないよ
熱中症で倒れても労災使わせてもらえないからつらたん

871: 名無しさん@おーぷん 20/08/04(火)11:34:17 ID:7L.pg.L1
>>870
え、労災にならないってどゆこと??
通勤中に転んでも労災なのに仕事真っ只中でしょうに
子どもたちの為に毎日ありがとう
無理しないでねー

880: 名無しさん@おーぷん 20/08/04(火)13:37:01 ID:Or.hi.L1
>>871
通勤中の事故での怪我ならオッケーなの
給食場内での怪我や熱中症は、責任者(栄養士)が首を縦に振らないんだよね
若い人はともかく、年配の栄養士は調理員にも人権があるなんて、きっと思ってもないよ

882: 名無しさん@おーぷん 20/08/04(火)13:57:59 ID:IA.ml.L12
>>880
責任者に首を縦に振らない権利なんかないのに

883: 名無しさん@おーぷん 20/08/04(火)14:00:02 ID:wA.kz.L14
>>880
首をふらなかった結果、職場での熱中症で死人が出たらどうするのかしらね

884: 名無しさん@おーぷん 20/08/04(火)14:02:17 ID:aT.tp.L6
>>870
給食センターは仕事がキツイ上に人間関係がえぐいらしいね。
栄養士の知人がメンタルやられて半年足らずで辞めたよ。


《注目の最新記事》